介護事務の仲介|認知症でもアルツハイマー型の介護は大変|治療を受けて症状を緩和

認知症でもアルツハイマー型の介護は大変|治療を受けて症状を緩和

介護事務の仲介

先生

ケアネットメッセンジャー、聞き慣れないフレーズかもしれません。近頃では様々な、福祉分野があります。高齢者施設をとっても、有料老人ホーム、老人保険施設、特別養護老人ホームなどさまざまであり、特に現在多くなっているのが、NPO法人や営利企業、株式会社等の介護福祉参入でしょう。そのなかでも、小企業と呼ばれる従業員数が十数名程度の規模で展開されている介護事業所も増えています。そのかなで、介護事業の展開経験が少ない、または初めて介護事業所を展開する法人を立ち上げる方の中には、事務で行う介護請求をどのように行えば良いか分からない方も多いです。ですがケアネットメッセンジャーを利用すれば、ケアネットメッセンジャーが安全なインターネットサーバーを経由し、請求業務の仲介をしてくれます。また安全なサーバーを使用していることがほとんどなので安心です。

このサービスを利用するにあたり、先ほど取り上げたように、新たに介護事業所を展開する、NPOを立ち上げる方には、その介護現場を支えるような介護支援員、ケアマネージャーの確保は、非常に頭を抱える問題だと思われます。それに加え、現場だけではなく、経理に関しては、介護法も時代と共に変わるなかで、様々な請求事項が発生してくることと思われます。そのような介護事務を経験している方を雇えれば問題は無いのでしょうが、現実的には難しいのではないでしょうか。そのような中でケアネットメッセンジャーを利用すれば、様々な介護請求事項をネットサーバーを通じて仲介をしてもらえるため、介護請求に関する負担を大幅に軽減することが可能になります。