介護現場にITを|認知症でもアルツハイマー型の介護は大変|治療を受けて症状を緩和

認知症でもアルツハイマー型の介護は大変|治療を受けて症状を緩和

介護現場にITを

介護の様子

現場に導入するメリット

介護の現場は法律で人員基準が設けられています。しかしその基準は最低基準であって適正基準ではありません。多くの施設や事業所は正にその最低基準の人員で仕事をしています。介護の現場は人を対象としており、人を増やす必要があるのですが、増やせない理由があります。大きいもので介護報酬の減額による事業所の収入が減っていることが理由の一つです。介護現場に人が増やせない以上、今いる人員で仕事をまわさなければなりませんが、人と対する仕事であり省略できる部分はありません。多くの現場職員が負担に感じているのがケース記録。食事量や後の時間担当する職員への引き継ぎに必要な、重要な書類業務です。仕事中着手できる時間がないため、時間が足りず重要な引き継ぎや個人の情報をまとめられない現状があります。そこで介護システムです。タブレット式を導入する事で何十人ものご利用者の情報を管理でき、紙ベースを扱うより多くの時間を短縮できます。また関係者がいつでも閲覧でき、介護と医療の連携にも大いに役立ちます。介護システムは業務を省略できない介護現場の業務負担を減らす大きなメリットがあります。

なぜ介護現場に必要か

介護システムの特徴は誰でも簡単に操作できることです。多くのソフトがありますので、各事業所・施設に合ったものを選ぶ事になります。販売担当者から意見を聞き、選べるので必ず合致する介護システムが見つけられます。また、記録した内容は各部署のパソコン共有になりますので、いちいちケース記録を取りにいく手間もなく、必要な時に閲覧できます。引き継ぎの時も文章を確認する必要も少なく、短時間で済みます。介護現場では医療との連携やケアマネージャーとの会議がありますが、必要な情報も簡単に持ち運べ、確認しあうこともできます。何より介護システムが現場に貢献する力は職員の負担軽減です。負担大きい現場では大切な人材も離れてしまい、事業所にとって大きな打撃となります。働く環境を整える手段として有力なシステムとなります。